費用を節約する

食品の棚

最近はサラリーマンや主婦の中にも独立開業してお店を持ちたいと考えている人が少なくありません。中でもカフェ・居酒屋・ラーメン店などの飲食店は高い人気を誇っています。 ただ、飲食店は開業を実現するためのハードルが高いのもまた事実です。設備にはかなりの費用がかかりますし、立地の選択を誤ると客足に大きく影響します。 そんな時、上手に利用することで開業を容易にする店舗物件があります。それが居抜き物件です。 居抜き物件とは単に店舗スペースを借りるだけでなく、そこに付属する設備や内装、場合によっては什器なども一緒に借りることができる物件です。テナントにとっては新たな設備投資を大幅に節約することができるので、低コストでの開業が可能になります。

居抜き物件は美容院や理髪店、歯科医院などにも見られますが、圧倒的に多いのは飲食店関連です。飲食店は厨房機器をはじめとしてテーブル・椅子・カウンター・食器棚など多くの設備を必要とする上に、取付にも撤去にも多額の費用と手間がかかります。そこで、オーナーがテナントと協議のうえ、前のテナントが残していった設備をそのまま使い、また次のテナントのために残していくことを条件に貸店舗として供用しているのが居抜き物件です。 開業コストが抑えられるうえ、場合によっては前のテナントの顧客をそのまま引き継げる可能性もある居抜き物件は、飲食店を開業したい人にとって非常に適した物件です。最近では賃貸だけでなく売買物件も多く出回っています。